灰化とは

「灰化の定義」

灰化は加熱された空気を通して、試料中の有機化合物を取り除く熱処理プロセスです。灰化処理された試料は物性試験であったり、試料前処理における中間ステップとなります。前処理された試料は、最終的には蛍光X線分析による無機化合物分析・質量分析・炉融性試験のような化学分析で使用されます。

灰化試験は、ISO 1171:2010, ASTM D3174-04(2010)に沿った試験法で定められており、AAF1100シリーズは先に述べた規格に対応しています。

灰化炉