熱硬化とは

「熱硬化の定義」

加熱は熱硬化プロセスにおいて大変効果的な手法であり、熱硬化処理はポリエチレンゴム・プラスチック・シリコンゴム・エポキシ樹脂・熱硬化性樹脂・インク・コーティング剤の製造過程で行われます。熱硬化処理は、表面コーティングにおいて幅広く使用されています。熱硬化処理の目的は、専ら対象試料の架橋反応を促進させることにより、試料の硬度を上げることにあります。

加熱は、試料の酸化・重合・乾燥を促進させます。試料の粘性を下げる目的で樹脂の脱気に使用されます。

鋳型作成や製陶といった様々な表面処理に熱硬化処理は活用されています。

Newsletter Registration

Exclusive information about events, applications and product innovations!

Sign Up