機種紹介

RHF - シリコンカーバイドヒーター式高温チャンバー炉

カタログダウンロード 製品仕様作成 (PDF)
Close

言語:

RHF 15/3 3508P1 プログラマオプションRHF 16/35 3216P1 プログラマ、 独立型過熱防止装置オプションRHF 14/35 触媒型再燃焼装置付き

RHFシリーズは、シリコンカーバイド製ヒーターを使用したチャンバー炉で、4種の炉内容積と最高使用温度1400℃、1500℃、1600℃の3種の組合せ(合計12機種)から選択可能です。

堅牢な作りと高速昇温(1400℃到達時間が40分以内)を可能にする高性能ヒーター素子、そして長寿命が特徴です。

標準仕様

  • 最高温度: 1400°C, 1500°C , 1600°C
  • 標準仕様の温調器は、PID制御301型です。設定温度、昇温速度、設定温度での維持時間を調整することが可能です。
  • 炉内容積: 3L, 8L, 15L, 35L
  • ソフトクローズ・パラレルアクションドア (3、8L モデルのみ)
  • シリコンカーバイド発熱体は高温の稼働に耐え、寿命が長く、断続的な運転のストレスにも耐えます。
  • 炉床の材質は、RHF 3、8 Lモデルでは硬質アルミナ製、RHF 15、35 Lモデルではシリコンカーバイド製です。
  • 高いエネルギー効率を実現する低熱伝導断熱材

オプション (注文時に御指定ください)

  • 独立型過熱防止機能(大事な試料をダメージから保護します。無人オペレーション時に便利)
  • マルチセグメントの温度プロファイル設定が可能な温調器やデーター計測器の選択が可能です。これらは、RS232・RS485・イーサーネットによる通信が可能です。

内容/製品仕様は、予告なしに変更する場合があります。