Nadcap AMS2750E CQI-9 準拠

HRF 7/324 high temperature air recirculation oven with side mounted control panel and full AMS2750E complianceGP 450A general purpose oven for Nadcap complianceIntegrated 3 oven system designed for heat treatment to AMS2750E Class 2 (± 5°C) instrumentation Type DHRF 7/324 high temperature air recirculation oven with vertically opening door and AMS2750E complianceCustom three chamber vertical shaft oven for the aerospace industry

パフォーマンス・レビュー・インスティチュートによって制定されたNadcapプログラムは航空宇宙及び防衛分野で使用される「特殊プロセス及び製品」と定義される範囲の認定及び品質保証の枠組みを提供できるように設計されています。これはもともとボーイング社によるものでしたが、現在すべての西洋諸国の航空宇宙メーカーが採用しています。

GE Aviation、Rolls Royce plc、MTU、Snecma、Turbomeca、Boeing、Vought Aircraft Industries、Bombardier、Honeywell、Hamilton Sundstrand、Sikorsky Aircraft等から頻繁に要求されるNadcapは、航空宇宙分野でますます重要性を増しています。製造業者およびエンドユーザーは、SAE航空宇宙標準番号AMS2750Eの要件に従わなければなりません。この規格では、オーブン及び電気炉は、温度の均一性及び使用する制御機器の種類によって分類されます。

Carbolite Geroは、航空宇宙分野向けにNadcap完全準拠のオーブンと電気炉を設計・生産できる専門知識を有しています。

製品をAMS2750Eに適合させるにはいくつかの仕様を決定する必要があります。

  1. 準拠する温度範囲
  2. 要求される温度均一性クラス – 1, 2, 3, 4, 5, 6 (下記参照)
  3. 温度計装タイプ - A, B, C, D, E (下記参照)
  4. 均熱域 – H x W x Dを決定
  5. 空、もしくは製品の入った状態での温度均一性調査(TUS)
  6. システム精度試験 (SAT) 要件

Nadcapクラス


クラス均一性
1± 3°C
2± 6°C
3± 8°C
4± 10°C
5± 14°C
6± 28°C

±3℃の温度均一性であるクラス1の場合には、作業容積よりもはるかに大きなチャンバサイズが必要となります。例えば、600 mm x 600 mm x 600 mmの作業容積が必要な場合は最低でも800 mm x 800 mm x 800 mmのチャンバ容積が必要です。

Nadcap対応製品の計測器タイプ


制御計装タイプはA、B、C、D、Eの5種類が定義されています。作業空間に設置されている記録用熱電対の数と記録用機器によるタイプの違いは下図に示されています。



計装機器タイプ A  タイプ B  タイプ C  タイプ D  タイプ E  
(1)温度表示器付き制御機器XXXXX
(2)制御用センサXXXXX
(3)制御機器記録装置XXXX
(4)過熱防止装置XXXX
(5)過熱防止センサXXXX
(6)マルチレコーダ(制御機器記録装置の別チャンネル)XXX
(7)マルチレコーダに接続した高温保護センサXX
(8)マルチレコーダに接続した低温保護センサXX
(9)マルチレコーダに接続したロードセンサXX

内容/製品仕様は、予告なしに変更する場合があります。

Newsletter Registration

Exclusive information about events, applications and product innovations!

Sign Up